Call nowweb予約
ページを選択

慢性の腰痛を抱えて来院される方の中には、太りすぎは腰のためにも良くないと思って
ダイエットしてもお腹や背中、太ももの肉が落ちなくてぜい肉が気になるという方も数多くいらっしゃいます。

実はこのぜい肉も腰痛も骨盤のせいだということをみなさんはご存じでしょうか。

人の体で内臓を保護している骨格や内臓は体の前側についています。

その反対に頭を支える首の筋肉や上半身を支える脊柱起立筋や下半身を安定させるのに大切な大腿二頭筋などの筋肉は体の後ろ側に集まっています。

体の前側と後ろ側では内臓がある前側のほうが重いので、前に倒れてしまいそうになりますが、後ろ側にある筋肉がしっかりと支えているので倒れることはありません。

しかし、こうした姿勢を保つのに欠かせない筋肉を上手に使えていないと、後ろ側にある筋肉が前に倒れようとする力に負けて骨盤が前のほうに傾き、脂肪を上手く燃やすことが出来ず、痩せにくい状態になってしまいます。

こうした骨盤が前に傾いた状態でバランスを取ろうとすると知らないうちに「反り腰」になってしまいます。

反り腰になっている人は、体後ろ側全体で支えることができないので、脊柱起立筋とインナーマッスルだけで支えようと常に緊張した状態になり、腰痛が起こりやすくなります。

そうならないためには、骨盤の歪みを正し、背面の筋肉をしっかりと鍛えることで、再び反り腰になることを防げ、腰痛予防にも役立ちます。


また、正しい姿勢で筋肉が鍛えられると血流もよくなり、代謝が上がるので、ぽっこりお腹や太もも、背中のぜい肉といった一般的なダイエットでは落ちにくい脂肪が効率よく燃焼され、痩せやすい体になります。

腰痛対策やダイエット成功のために、ぜひ当院で骨盤矯正をお試しください。