Call nowweb予約
ページを選択

梅雨というと皆さまはどんな印象をお持ちですか?

雨の日が多い、うっとうしい、憂鬱、じめじめしてしんどいといったマイナスのイメージも多いのではないでしょうか。

梅雨の時期は暑さにも慣れていないので、一年の中でもお体の調子が崩れやすい時期です。

この時期に多い不調として、頭痛や膝の痛み、腰痛があります。

梅雨は雨の日がとても多く、平均気圧が一年のうちでも最も低くなります。

低気圧の時には、体内に毒物やアレルギー物質などが入り込んだ際、痛みや炎症を起こす「ヒスタミン」という物質が多く分泌されます。

ヒスタミンが分泌されると自律神経のうちの1つである交感神経が刺激され血行障害が起こりやすくなります。さらに、大気圧より体内の圧力のほうが高いと体がむくみ、関節や血管が拡張することで神経を圧迫します。そのため、梅雨の時期は痛みを感じやすく、腰痛や坐骨神経痛の症状が悪化しやすくなります。

この時に骨格の歪みやズレがあると、さらに神経が圧迫され痛みが強くなります。

こうならないために、梅雨時に腰痛や関節痛が起こりやすい方やすでに痛みが出ているという方は、整体や骨盤矯正で骨格の歪みや筋肉の緊張を取り除き痛みから解放されましょう。

腰の痛みがなくても定期的に整体や骨盤矯正でお体のメンテナンスをしておくことが重要です。